職員研修

フォーブレーンの研修の特徴

4ab4dc2dbfb0088b2f6575babc5becc7_s.jpg

知識やスキルを習得するだけではなく、現場での個々のパフォーマンス向上を実現するための研修、それがフォーブレーンの目指している研修です。

これまで蓄積された豊富な知識、情報及び経験を活かし、国立大学法人、国立研究開発法人、独立行政法人、学校法人等の特殊性を前提として、実際に現場で起こり得る問題を想定したうえで構成した研修プログラムを提供します。

主な講演実績

c57ef95d7e40fdfa76948872ce6ed14b_s.jpg

 

 

 

「働き方改革」の推進につながる研修をご提供いたします

daf64a98c071064072966ce49a6afae9_s.jpg

「働き方」がかつてないほど真剣に議論されています。

フォーブレーンでは研修を通じて、法人における働き方改革を推進するための具体的なヒントをご提供いたします。

 

例)管理職向け 勤務時間管理研修、管理職向けイクボス研修、女性職員活性化研修、セカンドライフ研修、業務改善研修 など

 

 

 

研修面から貴学の「SD義務化」をサポートいたします

8b33a9560de19e08c14f0f300e6511db_s.jpg

平成29年4月1日、大学設置基準等の改正に伴い、教職員のSD実施が義務化されました。

 

SDの対象者や内容、形態などについては、大学や学校などの特性・実態を踏まえ、教職員のキャリアパスも見据えつつ、計画的・組織的に判断されるべきものとされています。

 

そのため、人事交流やOJT、自己啓発制度の充実、ワークショップの開催などさまざまなSDの取り組みが考えられるところですが、これまで実施していた研修内容を組織や現場のニーズに即して見直し、充実させたうえで、計画的に実施することも、有効な手段の一つといえるのではないでしょうか。

社会のさまざまな分野で急速な変化が進行するいま、大学運営についてもこうした変化への対応や、今後一層の高度化を図る必要があります。そのためには、構成員である教職員の皆様の能力開発が不可欠です。

フォーブレーンでは、研修や人事評価制度の適切な運用などの観点から、SD計画の構築と実践をサポートいたします。

 

例)

 

【教員向け】アカデミックハラスメント防止研修、コンプライアンス研修、勤務管理研修、ソーシャルマナー研修、法人運営に関するワークショップ など

 

【事務職員向け】OJTによる人材育成研修、管理職のための勤務時間管理研修、職場改革に関するワークショップ、目標設定指導研修、被評価者研修、ファシリテーョンスキル研修、企画・提案力養成研修など

 

 

 

 

階層別コース

階層ごとに求められる知識・スキルの習得や、役割認識の醸成を図るためのスタンダードプログラムです。

仕事やビジネスマナーの基本を確実に習得し、かつ即戦力人材、自立型人材を育成する新任職員研修から、マネジメントの要素を細分化し、必要なスキルをケーススタディ、グループワークを通じて習得するマネジメント研修まで多彩なプログラムをご用意しています。
各研修、ビジネススキル研修等を組み合わせて、1日や2日の総合研修とすることも可能です。

階層別コース・研修一覧

 

 

ビジネススキルコース

業種・職種・階層にかかわらず、「日常の仕事力」、「ビジネスセンス」を高める研修をテーマ別に幅広くご提供しています。

法人の職員として働くための「質」を高めるスキルを効果的に身につけられるプログラムをご用意しています。

ビジネススキルコース・研修一覧

人事評価・労務管理コース

人事制度は、組織の期待と現実とのギャップを評価し、組織を牽引する人材を育成するための重要な役割をになっています。
フォーブレーンでは、人事担当者の方、管理職の方、ハラスメント相談員の方などに対し、人事制度の円滑な運用のために不可欠なスキルを提供いたします。

人事評価・労務管理コース・研修一覧

学部生・院生向けコース

学生から社会人になるにあたり、知っておきたい労働法の基礎知識を身に付けることをねらいとした、学生向け研修プログラムです。
在学中から自らのキャリアについて考え、目標を持って社会人としての第一歩を踏み出していただけるよう、学生の進路設計を支援するプログラムもご用意しています。

学部生・院生向けコース・研修一覧

研修一括パック提案サービス

研修プログラムの作成や実施だけではなく、ご要望に応じて研修体系の構築から研修の実施までを一括して提案します。

「そもそもどんな研修を計画したらよいのかわからない。」
「今やるべき研修が何なのかがわからない。」
「人事評価制度や他の人事制度と研修との連動の仕方がわからない。」
このような研修ご担当者様のお悩みにお応えいたします。

貴法人の人材育成についての目標と現状を踏まえ、

1)なぜ研修が必要なのか
2)どのような研修体系が有効なのか
3)どのような内容の研修が必要なのか
4)具体的にどのようなプログラム内容の研修が適しているか


といった長期的視野にたって最適な研修計画の立案から、プログラムの作成、研修の実施、研修後のフォローまでを一括してご提案させていただいております。