部下指導・育成研修 〔部下指導〕

 

受講対象者

管理職・監督職・部下をもつ方

標準時間

    1日

 

研修のねらい

・部下の個性にあった動機づけのしかた、教え方などを、具体的なスキルとして身につけ、部下の能力を伸ばすための計画的な育成のしかたを理解します。

・実際に職場で起こりうるケースを想定し、グループワークを通じてその解決方法を身につけます。
 
 
担当:松本 宜大(まつもと たかひろ)講師
 
図1.jpg

研修概要

 

項目

概要

1

はじめに
・目的と目標の確認
・職場での実践をイメージする
はじめに本研修の目的と目標を確認します。

2

自組織の人材育成方針の咀嚼
・自組織の人材育成の仕組み
・人材育成方針の咀嚼
・組織上の課題の洗い出し
人材育成の仕組みを理解した上で、人材育成方針を咀嚼します。また、組織の人材育成の課題を洗い出します。

3

自部署特有の問題の発見
・人材関係や職場風土から問題の発見
・阻害要因の排除
自部署の問題を発見(形成)します。また、自部署特有の阻害要因(業務上、人間関係上)に対する対策を考えます。

部署の人材の分析
・部署の人材育成の傾向
・職場風土の傾向
・部署のメンバーの特性の分析
部署の人材育成、職場風土の傾向について考えます。また、指導する相手だけでなく、職場での協力関係のあるメンバーの特性を分析します。

育成の方法
・直接指導
・間接支援
直接的に指導する方法と、間接的(遠隔での指導、人を介した指導)に指導する方法の両方を、ロールプレイングを通じて学習します。

自分の限られた時間での成果創出
・自身の時間の使い方
・成果のレバレッジを知る
多忙な毎日の中で、指導する時間をどのように捻出するかが、重要になります。自身の時間の使い方を認識するとともに、求められる成果を創出するためのポイント(レバレッジ)を探します。
 

おわりに
・自身の課題と解決策
・職場での実践計画
最後に、自身の課題を抽出し、計画を策定します。

サービスに関するお問い合わせ、ご質問等はお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ビジネススキル・コンプライアンスコース

公式ブログ 資料ダウンロード マスコミ掲載 フォーブレーン公式 facebookページ 書籍紹介 よくわかる パートタイマー活用のための雇用管理 2SRPⅡ認証.jpg