115550040)ビジネスゲーム研修Ⅰ「国際スポーツの祭典招致ゲーム」

 

受講対象者

新入職員から中堅職員

標準時間

1日~2日(ご要望に応じて調整可能です)

 

研修で学ぶことができるスキル

本ビジネスゲーム研修では、下記ビジネススキルの中から特に身につけたいスキル(3~8つ)をご希望いただければ、そのスキルを学ぶことができるような構成にアレンジいたします。

コミュニケーション チームビルディング
プレゼンテーション ファシリテーション
アイデア発想 交渉力
マーケティング 情報収集

研修概要

国際スポーツの祭典を自国(チーム)に招致することをゴール(目標)に設定し、チームで協力し合いながら、招致を勝ち取るプロセスを踏む中で、仕事に求められる【コミュニケーション】、【チームワーク】、【プレゼンテーション】などのスキルを総合的に体感し、学ぶことができるビジネスゲーム研修です。

2020年には東京オリンピック・パラリンピックの開催を控える昨今、興味を持って取り組んでいただくことができる研修であるとともに、ビジネスゲームの振り返りを通じて 自身の「強み」と「弱み」を把握し、今後伸ばすべき点や改善点を見える化することができる、深い学びの要素を内在したプログラムです。

オリンピック.jpg

 

項目

概要

1

オリエンテーション

 

2

ビジネスにおけるコミュニケーションの重要性

・ビジネスにおけるコミュニケーションの定義
・あなたは聞いていない
・質問~傾聴~共感のサイクル

3

チームビルディング

・強いチームと弱いチーム
・貢献意欲を養うために
・チームで仕事をすることの意味

4

アイデア発想

・アイデア発想4つのルール
・発散思考と収束思考
・新しいアイデアを形にする
効果的なプレゼンテーションとは
・プレゼンテーションの定義と8つのポイント
・相手を動機付ける内容とは
・論理構成・アウトラインを組み立てる

ビジネスゲーム「国際スポーツの祭典招致ゲーム」

・ルール説明
・自国(立候補国)を決める
・メンバーの役割分担をする
・自国・他国の情報収集をする
・自国開催のコンセプトを考える
・プレゼンテーション資料の作成する
   
プレゼンテーション
・発表/質疑応答・・・各グループ発表7分、質問3分
・投票/集計
・開催国発表
   
振り返りシートの作成
・一連の実習を通して、メンバーの「強みと弱み」「良い点と改善点」を相互にフィードバックします
・まとめ
     


サービスに関するお問い合わせ、ご質問等はお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

 

ゲーム開発者・担当: 大野 興祐 講師

  ohno.jpg

ビジネスゲームⅠ「国際スポーツの祭典ゲーム」をおすすめいたします

本研修では、参加者一人ひとりが自分の持っている情報(知識・経験)をチームの取り組みに役立てていくなどのチーム力を結集し、自発的に動かなければゲームが有利に展開しないような仕組みを作っています。また、必ずコミュニケーションが発生し、円滑にするための仕掛けを入れています。上下のコミュニケーションが上手くいかない、チームで仕事を進める意識が希薄になっている、若手や中堅層の職員にはもっと自発性を持って活躍してほしい、そんなお悩みを持つ職場の皆様に本研修をおすすめいたします。

ビジネススキル・コンプライアンスコース

公式ブログ 資料ダウンロード マスコミ掲載 フォーブレーン公式 facebookページ 書籍紹介 よくわかる パートタイマー活用のための雇用管理 2SRPⅡ認証.jpg