115550175)障害者差別解消法研修 〔コンプライアンス〕

 

受講対象者

全職員

標準時間

60分

 

研修のねらい

平成28年4月1日施行の「障害者差別解消法」により、障害者に対する不当な差別的取扱が禁止されるとともに、独立行政法人等においては、障害者への合理的配慮が法敵義務となりました。

障害を持つ方が不安な思いをもつことなく、快適に働いたり、サービスを利用することができるよう支援することは、職員として身につけておくべきマナーであるともいえます。本研修では、相手視点の接し方や適切なサポート手法について理解を深めます。

研修概要

 

項目

概要

1

障害者差別解消法の概要

・障害者差別解消法の目的

・障害者差別解消法の成立の背景
・障害者差別解消法における障害者の範囲
・法人における法的な義務

2

障害を理由とする差別の解消の推進に関する規則(対応要領)の確認

・規則の目的
・監督者の責務
・不当な差別的取り扱いの禁止と合理的配慮の提供

3

法人職員として考える、差別的取り扱いと合理的配慮義務

・障害者差別解消法が禁止する差別の具体例

・合理的配慮の具体例
・ケーススタディ~こんなとき、どうする?~

4

まとめ

・法人職員としての基本姿勢

サービスに関するお問い合わせ、ご質問等はお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ビジネススキル・コンプライアンスコース

公式ブログ 資料ダウンロード マスコミ掲載 フォーブレーン公式 facebookページ 書籍紹介 よくわかる パートタイマー活用のための雇用管理 2SRPⅡ認証.jpg